比較

炭水化物ダイエットを成功させよう|確実に痩身効果が得られます

食事によるダイエット方法

ダイエット

再び注目された背景

食事制限によるダイエット方法の1種に、炭水化物ダイエットと呼ばれる方法が知られています。これは消化吸収の過程で主に糖質へ変化する食品群、いわゆる炭水化物を制限する事で、ダイエット効果を期待する方法を指した言葉です。広く理解されやすいダイエット方法として人気が集まっていました。しかし炭水化物ダイエットにはいくつかの副作用や危険性の確率も指摘され、医学的な根拠も乏しいと言われる時期があったとされます。ただ近年ではこの方法が再び、注目されつつあると言われています。その理由となる背景として、近年の議論や研究の中で、メリットとデメリットが明確になってきた事が一因となっています。特に従来行われていた形式での糖質制限はあまり推奨されない反面、緩やかな制限であれば効果が期待できるという利点が、現在では周知されてきたと言われています。

成功のための最低条件

炭水化物ダイエットでの糖質制限の目安については、現在でも正確な量や割合は不明だと言われています。そもそも糖質自体は炭水化物以外の食品や飲み物にも少なからず含まれているため、正確な測定を困難としています。その中でも炭水化物ダイエットを実施する際に最低限、抑えておきたいポイントとして、いくつかの条件が挙げられています。主な条件の第1に、同じ量の炭水化物を摂取するのなら、原材料の精製度がより低い方が良いとされています。精製度とはお米なら白米に、砂糖なら白砂糖にそれぞれ近くなるほど、高くなるという基準を指しています。精製度が高い食品は脳における欲望に関する回路を刺激しやすく、より多く食べたくなるという仕組みになっているためです。したがってお米なら玄米、パンであれば全粒粉やライ麦系の物を摂取する、等の対応が良いと言われています。そして基本として、主食は完全オフにするのではなく、量を調節する事が重要、という点が指摘されています。その他、食物繊維を多く含む食品を交えると、内臓の排出機能を手助けしてダイエット効果を高めるとされています。